2015年08月15日

再発卵巣癌に対する DTX + Bev レジメン

Platinum resisitant または partially platinum sensitive の再発卵巣癌に対する DTX + Bev 療法の奏効率は 57.9%、Disease control rate は 84.2% であった。

【レジメン】
DTX 40 mg/m2: day 1, day 8
Bev 15 mg/kg  : day 1
21-day cycle.

これだと21日毎に DTX 80 mg/m2 とやや量が多いため、日本で行うなら DTX 35 mg/m2 がよいか。

ラベル:臨床試験
posted by Junji Mitsushita at 14:49| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。