2015年11月30日

プラチナ製剤抵抗性卵巣癌に対する Nivolumab の奏効率

免疫チェックポイント阻害薬である Nivolumab (オプジーボ)の、卵巣癌に対する第2相臨床試験の結果が発表された(参照)。対象は Platinum free interval 6カ月未満の卵巣癌で、奏功率は15%で、Disease control rate は45%であった。第2相臨床試験でのBevacizumab の奏効率が21%(参照)であったのと同等な成績にみえる。

現在のところ、プラチナ製剤抵抗性再発卵巣癌に対する治療は、PTXなど非プラチナ製剤単剤+Bev が行われているであろう(AURELIA 試験、および拙著『婦人科がんの化学療法』)。Nivolumab の論文の著者らは大規模臨床試験を準備中とのことだが、AURELIA 試験で行われた Bev 併用療法と、Nivolumab 単剤療法を比較した試験を行うのだろうか。
posted by Junji Mitsushita at 13:57| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。