2016年10月02日

学術雑誌にも振り込め詐欺が

論文をひとつ書くと、様々な Journal から、「うちでもひとつ書いてくれ」という依頼の email が多数舞い込んでくる。自分の論文が注目されたのかな、などとうぬぼれる前に、依頼をしてきた出版社のホームページをよく読んでみると、目立たない場所に例えば「Open access 形式の journal のため、出版には $2,000 が必要」などと書かれていることがある。極端な場合は、それすら書かれておらず、投稿の段階で金銭を要求されることもあるようだ。

Open access そのものが悪いわけでは無論ない。しかし、それを悪用するのは詐欺である。

コロラド大学の Jeffrey Beall という人が、そのような悪質な出版社および Standalone journals をリストにし、公開している。「悪質」の定義はここ(pdf)で細かく記載されている。

悪質な出版社の中には、例えば Omics international という出版社がある。この出版社からは例えば Gynecology & Obstetrics という Journal が出ている。Omics international のホームページを調べてみると、Gynecology & Obstetrics の Journal Impact Factor は 1.52 とされ、ご丁寧に Citations report などいう紛らわしい記載まであるが、これらはもちろん我々におなじみのトムソン・ロイターによる Impact factor とも、Journal Citation Reports とも関係がなく、Omics international が独自の方法で点数をつけているものだ。確かに怪しげである。しかし、この出版社が Jeffrey Beall にこき下ろされている点は、急速に他社や雑誌を買収して傘下に入れ、本来は学術的であった journal を「incorporating them into mega-fleet of bogus, exploitative, and low-quality publications(とてつもなくインチキで、搾取的で、質の低い出版に引きずり込んでいる)」からだ。この出版社から出ている多数の journal の Editors in chief のページを見ると、高名な日本の学者も名を連ねている。Omics international の傘下に入ったからといってすぐに journal の質が落ちるわけではないだろうが、彼ら editor は、出版社からの利潤追求のプレッシャーと戦いながら仕事をしているかもしれない。

また、怪しげなStandalone journals の中では International Journal of Obstetrics and Gynaecology Research という雑誌がある。これは、真面目な学会誌であるThe Journal of Obstetrics and Gynaecology Research と名称が非常に類似している。産婦人科関連では、他には例えば Journal of Research in Obstetrics, Gynaecology and Infertility という雑誌も挙げられている。

怪しげではない、Impact Factor がついている学術的な産婦人科関連雑誌のリストはこちら

posted by Junji Mitsushita at 18:35| Comment(0) | 婦人科がんの化学療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。