2016年05月05日

卵巣がん検診の有効性にはいまだに議論がある

UKCTOCS は、閉経後女性の卵巣がん検診の有用性を調べたランダム化試験であり、約20万人を対象に、10万人を「検診なし」(コントロール群)、5万人を「経膣超音波のみによる検診」(USS群)、5万人を「CA125と経膣超音波併用による検診」(MMS群)の3群に分けて比較した非常に大規模な臨床試験である。この結果、Primary endpoint である卵巣がんによる死亡にはコントロール群に比較してUSS群およびMMS群に有意差は認められなかった。しかし、ランダム化後7-14年という長期予後に限定すれば、USS群で21%、MMS群で23% mortality を(計算上は)減らせるとされた。USS群よりもMSS群の方が false positive で手術を行われてしまう可能性は低い(USSで false positive が 50/10万、MSSで14/10万)。

この試験は、もちろん極めて有意義であるが、primary endpointで有意差が出なかったためにsubgroup解析を行っているところが苦しい。スクリーニングで卵巣がんを発見できたのが、USS群で51%、MMS群で59%しかないのも寂しい(つまり、卵巣がんであっても検診で半分近くは見逃す)。また、MMS群は、CA125を単純なcut-offでスクリーニングせず、「risk of ovarian cancer algorithm (ROCA)」というわかりにくい手法でスクリーニングしているという問題点もある。ROCAはAbcodiaという企業が行っているスクリーニングの登録商標で、triple marker検査のように内容についてよくわからない点もある。しかも、この論文の筆頭著者を含む著者らはAbcodiaの株主だと「Declaration of interests」にある。この論文の内容がもっと画期的なものであれば、Abcodiaとその株主たちは莫大な利益を手にしたことであろう。だが、有意義ではあっても画期的というほどではなかった。

日本では、多くの病院や診療所で行っている子宮頸がん検診で、「ついでに」経膣超音波も診ているのではないかと想像する。それなら上のUSS群(年1回の経膣超音波検査)に近く、今のところこれで充分ではないかというのが私の感想だ。
ラベル:臨床試験 検診
posted by Junji Mitsushita at 16:40| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

プラチナ製剤抵抗性卵巣癌に対する Nivolumab の奏効率

免疫チェックポイント阻害薬である Nivolumab (オプジーボ)の、卵巣癌に対する第2相臨床試験の結果が発表された(参照)。対象は Platinum free interval 6カ月未満の卵巣癌で、奏功率は15%で、Disease control rate は45%であった。第2相臨床試験でのBevacizumab の奏効率が21%(参照)であったのと同等な成績にみえる。

現在のところ、プラチナ製剤抵抗性再発卵巣癌に対する治療は、PTXなど非プラチナ製剤単剤+Bev が行われているであろう(AURELIA 試験、および拙著『婦人科がんの化学療法』)。Nivolumab の論文の著者らは大規模臨床試験を準備中とのことだが、AURELIA 試験で行われた Bev 併用療法と、Nivolumab 単剤療法を比較した試験を行うのだろうか。
posted by Junji Mitsushita at 13:57| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

GC 療法と GC + Bev 療法で OS に差はない

Platinum free interval 6 ヶ月以上の再発卵巣癌を対象に、GC(GEM + CBDCA)療法と GC + Bev 療法を比較した OCEANS 試験では、後者で Progression free survival (PFS)が延長した。その長期予後の結果が発表された(参照サイト)。それによれば、両群の Overall survival (OS)には差がなかった。


ラベル:臨床試験
posted by Junji Mitsushita at 11:15| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

再発卵巣癌に対する DTX + Bev レジメン

Platinum resisitant または partially platinum sensitive の再発卵巣癌に対する DTX + Bev 療法の奏効率は 57.9%、Disease control rate は 84.2% であった。

【レジメン】
DTX 40 mg/m2: day 1, day 8
Bev 15 mg/kg  : day 1
21-day cycle.

これだと21日毎に DTX 80 mg/m2 とやや量が多いため、日本で行うなら DTX 35 mg/m2 がよいか。

ラベル:臨床試験
posted by Junji Mitsushita at 14:49| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療の中途で PTX を DTX に変更しても末梢神経障害は改善しない

GOG-0218 試験は、卵巣癌の TC 療法に対する Bevacizumab の上乗せ効果を調べた臨床試験である。この試験の評価項目に入っていなかった末梢神経障害を retrospective に調べた。TC (+ Bev)治療中、末梢神経障害が出現した1329名中、多くはTC (+ Bev)療法を継続したが、32名が末梢神経障害を理由に PTX を DTX に変更した。DC (+ Bev)療法への変更群59名(うち32名が PTXによる末梢神経障害が理由)と、TC (+ Bev)療法群(大多数)で、その後の末梢神経障害の進行に差はなかった。

この論文の報告者達も discussion で認めているように、DTX への変更群の n が少なすぎるが、この結論は臨床的実感とは合致するように思う。職業上の理由などで末梢神経障害がとくに不都合な患者には、しびれが出てから PTX を DTX に変更するよりも、最初から DTX にしておく方がよいのかもしれない。

ラベル:臨床試験 副作用
posted by Junji Mitsushita at 14:07| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

卵巣癌臨床進行期 FIGO 2014

卵巣癌臨床進行期(FIGO 2014)を表にしました。
ラベル:臨床進行期
posted by Junji Mitsushita at 21:38| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

卵巣癌治療における NAC と PDS を比較した CHORUS 試験

イギリスとニュージーランドで行われた CHORUS 試験の結果が発表された(参照)。これによれば、III期、IV期の卵巣癌治療において、NAC(Neoadjuvant chemotherapy)は PDS(Primary debulking surgery)よりも治療効果において非劣性で、深刻な有害事象は有意に少ない、とされた。しかしながら、この論文が掲載された Lancet の同じ号で、CHORUS 試験は結局のところ EORTC55971 試験に向けられた批判を解決できていない、と指摘されている(参照)。PDS 群は「low quality of surgical care」だと指摘されている。
ラベル:臨床試験
posted by Junji Mitsushita at 13:12| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

卵巣癌臨床進行期を FIGO2014 に修正

日本産科婦人科学会の卵巣癌臨床進行期が FIGO2014 に改定されるのにあわせ、拙著『婦人科がんの化学療法』も内容を改定しました。Kindle 版既購入者は、Amazon の「コンテンツと端末の管理」よりアップデート版をダウンロードできるはずです。
ラベル:臨床進行期
posted by Junji Mitsushita at 14:26| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

AURELIA 試験と TRINOVA3 試験の比較

  AURELIATRINOVA3 
 対象
PFI < 12MPFI < 12M
 レジメン
 Bev + PTX, PLD, or TOP Trebananib + PTX
 標的経路 VEGF Angiopoietin
 PFS 中央値
(Control、Test)
 3.4、6.7 5.4、7.2
 プラセボコントロール No Yes
 クロスオーバー Yes No
 評価者 Investigators Central
 参考文献 J Clin Oncol. 2014 May 1;32(13):1302-8.

再発卵巣癌に対する同じ第3相臨床試験であるが、TRINOVA3 試験の方が、Placebo control を行っているなど、デザインはよいように思われる。しかし、どちらも治療効果にはあまり差がないように見える。しかし、それぞのの副作用はかなり違う。ポイントは、腸管穿孔のリスク(Bev の方が高い?)、浮腫(Trebananib の方が高い?)、腹水(Bev では改善し、Trebananib では増悪する?)のみっつをどう考えるか、であると思う。
ラベル:臨床試験
posted by Junji Mitsushita at 21:07| Comment(0) | 卵巣癌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする